海外旅行初心者が、タイ人になる(予定)ブログ

タイ人にはなれそうにもなく、日本式タイ生活ブログの様相であります。。

A-06 DTACのSIMを日本から残高補充する

calendar

SIMの残高をタイへの出発前に補充しておくと、空港についてすぐデータ通信プランを使えて便利です。

ので、今回はWarathaiの使っているDTACでの、インターネットを使った残高補充方法を紹介いたします。

★今回の手順を試したSIMは「Happy Calling to All-Networks SIM」です。過去に「Happy Simple SIM」でも同じ手順でOKでした。

★残高の確認等の関係から、タイにいる間に「国際ローミング」をONにしておいた方が良いです。電話をかけるダイヤルパッドから「*118*9# 通話ボタン」になります。

1.DTACのホームページにアクセスします。最初にページ上段のボタンから言語を「English」に切り替えるといいでしょう。
A-06-01

2.右のサイドメニューから「REFILL NOW」ボタンをクリックします。
A-06-02

3.残高を追加するSIMカードの情報等を入力していきます。

(1)電話番号
(2)メールアドレス。これは何でもいいです。入力したアドレスに残高追加後のお知らせが来ます。
(3)追加する金額を選択します。一度にチャージする金額が多いと、有効期限の延長等で特典があります。
(4)支払い方法です。日本からだとクレジットカードになりますが、JCBカードは使えないので注意。
(5)注意書きを読んだかのチェックをつけます。忘れやすいので注意。
(6)全部入力、選択が終わったら次へ進みます。
A-06-03

4.次に支払情報の入力になります。

(1)カード番号等を入力していきます。「Name on Card」は自分の名前の方です。後述のカード会社名と間違えないように。
(2)日本では馴染みがあまり無いですが、カード発行会社の情報も入力する必要があります。
Issuing Bank Country」は通常であれば「Japan」になります。
Issuing Bank」は、カード裏面に書かれている発行会社を選択して下さい。
結構な数がありますが、該当するものが無い場合は、「Other」を選択し、さらに下に表示されたフリーのテキストボックスに手打ちしてください。
Warathaiが持っているカードの中で選択肢に無いもので楽天カードがありましたので、このカードの裏に書かれている「Rakuten Card Co.,Ltd.」で通るか試します。
(3)入力が終われば次へ進みましょう。
A-06-04

5.確認画面になりますので、問題なければ次へ進みましょう。
A-06-05

6.支払いを日本円かTHBで行うかの選択画面が表示されます。
選択して次へ進みましょう。
A-06-06

7.カード会社の方の認証が表示されますので、パスワードを入力して処理しましょう。
(この部分については、各カードそれぞれの認証手順になると思います。)
A-06-07

8.以上で問題がなければ、残高追加の結果画面が表示されます。
今回は300Bathだったので「Lucky Token」とやらが3個もらえたようです。
A-06-08

9.同時にSMSで残高合計と有効期限のお知らせが来ます。
A-06-09

・・・・・・
手順は以上となります。

今回は300Bathの追加で有効期限が1ヶ月延びましたが、少し心もとないですね。

これについては、別途有効期限だけを安価に延長するサービスがあるので、試してみたいと思います。
(終わり)

★ブログランキング参加中です★
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    br_c_2953_1

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder (13) タイ移住後

13-(78) 韓国焼肉 KKOT DOL at プラカノン
more...

folder A 役に立つかも知れないタイ豆知識

No Image

more...

folder (08) タイ訪問~5回目~

No Image

more...

folder (06) 4回目の訪問をするまで

No Image

more...

folder (04) 3回目の訪問をするまで

No Image

more...

folder (03) タイ訪問~2回目~

No Image

more...

folder (02) 2回目の訪問をするまで

No Image

more...

folder (01) タイ訪問~1回目~

No Image

more...